セルフ(市販)カラー注意!


サロンカラーと市販カラーの違い


サロンでは一人一人の求める仕上がり・コンディション
ーそれは、
・髪質
・根元がどのくらい伸びているか(どのくらいの明るさにするか)
・すでに染まっている部分をどのくらい暗く(明るく)するのか
・痛みの度合(パーマなどの履歴)
・色持ち
・etc.etc.ー
によって、薬剤の明るさ・強さ・放置時間などを
一人一人コントロールしています。
同じであることはほぼありません!
一回のカラーでも、
根元~中間~毛先によってコントロールしていきます。

かたや市販のカラー剤の場合どうでしょう?
根元から毛先まで、薬剤の種類はもちろん
放置時間も同じだったりしませんか?
これにより、ムラが出たりします。

「黒染めならムラになりにくいだろう」と
黒染めだけ自分でするという人もいます。
一見わからないですが、実際には
塗布量のちがいによってムラができています。
(均一に塗布するには、僕ら美容師もかなり練習を積んでいます)
あと、染まり具合を
見て判断するのは高度になってくるので
時間を置きすぎて、
不自然なほど黒くなってしまう失敗も
目にします。


黒染めの怖さ!

黒染めされた髪を明るくしたいとき…
正直、通常の薬剤ではほとんど明るくなりません。
【ブリーチ】という強力な薬剤を使えば
それなりには明るくすることはできますが、
それなりなので
結構ハイトーンを求めるのは難しいです。
物理的には何回も何回もブリーチをすれば、
明るくしていけるという事になるんですが、
実際は髪が耐えきれず切れてしまいます。
強力
な薬なので一回でも痛みは生じます。

なんとか、髪にブリーチに耐えられる体力が
残っていたとしても
先ほど言った
【自分で染めて、一見わからないムラができている】場合
色を抜いた時に、ムラは激しく露呈してきます!


もっともNG!黒染め後のセルフカラー

ここまでお話したことを知っている人は
ほぼやらないと思うのですが、
知らずにやってしまう人もたまにいます。
正直かなり高い確率で失敗、最悪の状態になります(-_-;)

言ったように、黒染めしている髪は
明るくなりにくいです。
でも、生えてきた根元は
明るくできます。
その境目が分かりにくいため、根元だけがカーンと明るくなり
残念な仕上がりになってしまいます。

【染めていない黒】と【
染めた黒】は
まったく別の髪です!
同じようにカラーすることはできません!

 

薬剤の強さ


市販のカラー剤はどんな髪質・状態の人でも染まるように
かなり強く作られています!
って事は、当然傷みます!

カラー剤の中にもトリートメント成分が含まれているんですが
一説では、サロン用のものは【70%】くらい
市販のものは【30%】くらいだけって話です!

傷みがすすむということは、髪の内部組織が破壊されていきます。
これにより、いざ美容室で染めようとしても
キレイに仕上がらない。色が持たない。
パーマや縮毛矯正をするのに(形を変えるために)必要な組織が壊され
かけられない。
ということも、おこってきます。

特に、中高生の子が一時的な興味で
夏休み・冬休み中だけ
安価で手軽に感じる市販のもので染めてみる。
(やりたい気持ちはわかります(^^;))
当然、休みが明ける時には黒くしますよね?
なので、もれなく合わせ技で
【黒染め】もされます。

そうすると、
(卒業後など)カラーやパーマをすることが
自由になったとき
本当にやりたいスタイルができなくなってしまいます。


最後に

カラー剤というのは化学物質、薬品です。
危険性も持っています!
だから、ぼくら美容師は
専門の技術と知識を必死に勉強・練習し
専門家としてとり扱っています!
だからこそ、面白みや醍醐味があり
ぼくは【特にヘアカラーに注力しています!】

それでも、セルフカラーをやってしまったら…
してしまったモノは仕方ない(;^_^A
でも、困っているならとりあえず相談に来てください。
(無料カウンセリングというメニューもあります!)

長年、美容師をしているなかで
セルフカラーの失敗をたくさん見てきましたし
そういったケースに何度も対応してきました!

「100%治せます」とか、「必ずキレイにします」とは
約束できませんが(どこか妥協してもらうことになる可能性はありますが)
少しでも満足した状態になるよう
出来る限りのことをする
約束はできます!

髪色だけで、人の気分は変わります!
だからこそ、楽しいカラーライフを送ってほしいと思います!