ヘアドネーションについての大切なお知らせ


こんにちは!
ヘアカラーとショート・ボブに注力し
【ラフでも決まる、楽に決まるスタイル】
を日々提案しています
前橋の美容室ペイズリーパーク
町田聖彦です!


ペイズリーパークでは2017年2月の開店より、ヘアドネーションを開始しこれまでたくさんの方にご協力いただいてきました。
ありがとうございます!

今回はそのヘアドネーションについて、大切なお知らせをさせていただきます。

開店当初より、ドネーションシートの記入・毛髪の送付・受領証送付用の返信用封筒の用意などは全て代行させていただいていました。
ドネーションサロンの中にはこれらの作業は基本的にお客様(ドナーの方)の方でおこなっていただいているところも多いと聞いております。
ペイズリーパークでは基本的にボクの方で引き受けて行ってきました。それは、どちらが良いとかいう話ではなく、個人的に「せっかく協力していただくのだから、なるべく手間を取らせたくない」「その手間をなるべく減らすことで、少しでも協力してくれる方が増えれば…」「ドネーションカットをしているからこそ、当店に来ていただけたのだからそのくらいのサービス・サポートはしたい」という考えを持っているからです。
格好つけるつもりはありませんが、それは当然のこととしてボク自身これまで行ってきました。

しかし先日、JHD&C(ジャパンヘアドネーション&チャリティー)より連絡がありこれから(2020年7月から)はサロンによる毛髪送付と返信用封筒送付の代行が休止となるそうです。


【以下、JHD&Cメッセージ引用】

‘ヘアサロン(理美容師)の皆さまには、ヘアドネーションカットの技術提供ならびに、ヘアドネーションチャリティのご案内、サロン独自のボランティアとしての髪の毛送付代行などに多大なお力添えを賜り、ここに改めて感謝の気持ちをお伝えさせてください。誠にありがとうございます。

しかしながら、サロンさまによるヘアドネーションの送付代行と返信用封筒(受領証)対応の休止に踏み切ることとなりました。理由は、ドナーからのお問合せが非常に多く寄せられたことによります。

最も多いお問合せは、下記の内容です。

●「髪の毛をいつ送ってくれたのか分からなくて不安」
●「返信用封筒を預けたのに受領証が何ヶ月経っても届かない」

ドナーさまに「サロンに不信感を抱いた」「心を込めて何年もかけて伸ばしたのに残念、悔しい」……そのような思いをさせてしまうことは、私どももサロンさまも決して望んでいない事態です。
また、多忙なサロンワークの合間に理美容師さまがドナーの髪を1人分ずつパッキングしたり、ドナーシートや返信用封筒の代行をされたり、なかには切手代までサロンさまが負担されているケースもあるとのこと。

そこで、『ドナーさまご自身によるドネーションヘアの送付』という送付方法に統一することで、お問合せやトラブル、サロンの負担を減らせたらと考えております。’


…ということで、各作業を代行させていただくことが出来なくなってしまいます。文章から推察すると、「お客様(ドナーの方)と美容師の間でちゃんとコミュニケーションがとれていたのか?」「しっかりとした説明がされていたのか?」。自分自身がどれだけできていたか・自分が正しいかは分からないけど、他の美容室でどのような対応がされていたのか疑問を感じます。

もちろんペイズリーパークでは、引き続きドネーションカット自体は受け付けていきます!

なるべくお客様(ドナーの方)の負担や手間を少なく出来るよう案内とサポートをさせていただきたいと思っています。

今後は大変お手数をお掛けしてしまいますが、ご理解とご協力のほど宜しくお願いいたします。

【JHD&C(ジャパンヘアドネーション&チャリティー)ホームページ】

【ドネーションヘア(髪の毛)の送付と受付方法のお知らせ】

instagram、Facebook、LINE、下記よりアクセスできますので
フォローよろしくお願いします!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

BLOGをもっと見る



◆いつでも気軽に予約・相談・問合せが可能です!
◆定期的にお知らせ・情報も届きます!

友だち追加


群馬県前橋市文京町三丁目13-5

〒371-0801
前橋市文京町三丁目13-5
「エレガンスファッション copia」さん(赤い看板) 西となり
027-289-8931
open-10:00~19:00(時間外、応相談)
closed on Monday