湿気や乾燥による、髪の広がりに対処する!


本日(2017.11.14)午前中は晴れ間もあり、非常にキレイな空が見えていました!

最近、運動不足だし体型も気になってきているので、
今朝早起きして近所を軽く(最初にがんばり過ぎると長続きしないので)
歩いてみました。歩くのにも気持ちのいい天気でした。

しかし、お昼頃から雨となってきましたね。
気温も上がっていないので、冷え冷えしています。

雨の時、髪のまとまりも良くないですよね?
髪がうまく収まらないと、気分にも影響が出たりして、
出掛けるのがイヤになったり。

そんなときの対処方法。
少しでも収まりが良くなり、
気分よく出掛ける為の助けになればと、
2つアドバイスさせてもらいます!

正直、皆さんいろいろやってきていて、
何かしらの対処方法をお持ちだったり
「そんなのは知ってるよ」って人も多いとは思いますが、
まだまだ知らなかったって人もいたりするので参考までに。

まずは、基本的なこと。
髪の毛は、濡れているとボリュームダウンします。
乾くとボリュームアップします。
その辺りは、普段経験していると思うのでご存知ですね?

なので1つめは
濡れている状態をキープしてしまうという方法。
固まったりするスタイリング剤が嫌いでなければの話ですが、
特にパーマスタイルの人には有効です。
まずタオルでバサバサにならない程度に拭いて、
ある程度水分の残った状態からムース等を使って
ボリュームの出ていないカタチをとどめる。
男性も、他にジェルやポマード系のスタイリング剤を使用して、
濡れている状態をキープしていくとボリュームは抑えられます。
この時、ドライヤーはあまり強い風でなく弱めの風と、
最終的なカタチをイメージしながら乾かしていって下さい。
美容室では、

このようなモノをドライヤーの先に取り付けて乾かしたりもします。
これは、風をかくはんしてくれて
優しい風を送り出してくれるので、
そんな時には使えるアイテムです。
(お客さんでも、注文いただき使用している方もいらっしゃいます。)

2つめは、
同じようにタオルドライ後の状態から始めます。
そこから、乳液状・ミルクタイプなどの
洗い流さないトリートメントをこのくらい

一度ハンドクリームのように手の平全体にに伸ばしてから、
髪にまんべんなく付けます。そして、ドライヤーをしていきます。
まずはいつも通り乾かしてオッケーですが、
70~80%ぐらい乾いてきたら
ドライヤーを頭のてっぺんに当てるように上から乾かします。
手ぐしなども通しながら、抑えるようにドライしてカタチを整えて下さい。
場合によっては仕上げにさっきの量の半分くらい、
もう一度トリートメントをつけて完了です。
どんなモノが良いかわからないってひとは
気軽にご相談ください。
もちろん、当店でもそのようなタイプのトリートメントも取り扱っています。

これからの季節は
どちらかというと乾燥が気になってくる時期ですが、
2つの方法ともパサつきを抑えたりするのにも有効かと思います!
少しでも参考になり、少しでもまとまり良くなってくれれば幸いです!

逆にボリュームを出していく対処方法もありますが、
今回はボリュームダウンのお話なのでその辺はまたの機会に!